~ 理事長のブログ ~

 ⇒ プロフィールはこちらをご覧ください。

 ⇒ ご意見・ご感想はこちら。

2019年04月16日(火)

平成最後の3月

平成の時代もあと半月、早いものです。新しい元号も「令和」と決まり、「へいわ・れいわ」と語感が似ており、昭和生まれの私は「和」が入っていることに喜びを感じています。
「和」は優和会の「和」でもあり、平和、調和、和らぎ、和風の「和」でもあります。

戦国時代の次の元号は昭和と思っている私は、歴史を知りません。
後ろを振り返らないと考えている私は、歴史を勉強してきませんでした。
ご主人様からは、だから同じ失敗を繰り返すのよと叱られます。その通りだと思います。

過去の積み重ねで今が生まれ、今の積み重ねで未来が創られていく。
過去は未来のためにあるのです。より良い未来を創るためには、過去を知ることが大切です。
っと今では考えることができるようになりましたが、時既に遅し。記憶力が・・・。

平成最後の3月を振り返ってみたいと思います。

3月10日、東京空襲から74年、建物が破壊され、至る物が燃え尽きました。子供、女性も含めて10万人以上の尊い命が消えて行きました。戦争、絶対に起こさせてはならないもの。でも、今の日本、戦争の臭いが再びしてきているような気がします。。。

3月11日、東日本大震災から8年。昨日まで一緒に勉強していた友人たちが、一緒に仕事をしていた同僚たちが、一緒に食事をとっていた家族が流されていった。離すもんか!と思った手と手がスルッとすべって娘が流されていった。あの時の感覚、忘れられない。。。

東京の患者さんが、その後の東北地方沿岸の様子を見に行き、その感想を語ってくれました。
風景がまったく違っていたそうです。立派な道路ができ、かさ上げした高台が造成され、防波堤が建設されていたそうです。でも、人が見えない、生活の臭いが消えてしまっているのです。

私のメールの最後には【誰かの犠牲の上で、私たちのいのちは守られている だから支える】 と書き示しています。

3月、卒業式の季節。ユメが千倉中学を卒業し、東京の女子校へ進学することになりました。
その千倉中学の卒業式でサプライズがありました。卒業式が終った直後、シンガーソングライターである川嶋あいさんが歌を披露してくれたのです。



その光景が、千葉放送で放映されたり、新聞にも載ったりと話題になりました。
毎年、どこかの学校の卒業式後に歌を披露してくれるのですが、500件以上の応募がある中で今年は千倉中学を選んで頂いたのです。応募してくれたPTA会長ナオさん、ありがとう!

ユメが引っ越しして行きました。嬉しそうに、楽しそうに、引っ越しして行きました。
大学生になり千倉を出て行くと予想していたので、3年その時期が早まりました。
みんなからは寂しくなりますねと言われますが、寂しくありません。っと信じています。

ユメは食事付きの女子寮に入りましたが、その側には神田川が流れ、江戸川公園があり、沢山の桜が咲き乱れる絶好の時期に引っ越しとなりました。今は便利、部屋にはベッドも、エアコンも、洗濯機も付いており、私の愛車赤プリ1回だけで引っ越し完了でした。







3月、私の誕生月。アラ還であり、ジャス還ではないです。
日頃頑張っている自分自身を褒めるために、東北地方を応援するために、福島飯坂温泉へ美味しいものを食べに、温泉に浸かりに行きました。久しぶりの家族旅行です。

尊敬する医師から助言を頂きました。今が一番開業医として花を咲かすべき時期ですよと。
そうだろうと思う。では、そうなっているのかと思うと、そうなっていない。
これから令和になります。この数年が私の人生において大切な時期になると思う。。。

3月最後にビッグニュース、私の末娘ココロがバレエコンクールへ参加しました。
な、な、なんと、最優秀賞を取り、トロフィーをもらって帰ってきたのです。
流れる石です。 ココロ、天才!



3月は桜の季節、私の誕生月、ユメが東京へ出て行った、ココロが頑張った。
それを影から支えてきたご主人様がいます。感謝します。
3月、いろいろあった月、美味しいものを食べた月、思い出多き月となりました。








2019年04月11日(木)

インプラント

本日、インプラント手術をしました。生まれて初めての歯の手術です。
全身麻酔ではなく局所麻酔下で、全行程1時間とチョッとで終りました。
もっと血らだけで、痛みが残るのかと思ったら、意外とヘノカッパでした。

でも、歯科治療チェアーに座って麻酔注射をするだけで気持ち悪くなってきました。
私、ヘビと注射が大嫌いなのです。注射をされる1時間前ぐらい前から痛がるのです。
ドリルとバキュームチューブが私の口の中で占拠しているので、私は呼吸できない。。。

口呼吸しづらいのですが、鼻を用いれば呼吸することができるはずです。 でも、なぜか呼吸困難となり、精神的に緊張状態となり、パニック状態になりそうになりました。 そこで思ったことは、私は山本先生を信じ、いのちを託そうと。そしたら、す~っと楽になりました。

手術、主治医を疑いながら受ける治療ではないです。そんなことをしたら、成功するものも失敗するような気がします。 とにかく、主治医の説明を納得することがスタートで、そして信じ、覚悟し、いのちを預けることで命の危機を乗り切ることができると思いました。

昔、私が小どものころの歯磨きは、一日一回だけが普通。
一日一回、就眠前に歯磨くのが一番効果が高いのですが、朝起きてからの一回だけエチケットのために歯磨きをしていました。おかげで、寝ている間に歯が溶けちゃいました。

現在、私の娘たちは一日三回、食事をとるたびに歯磨きをしています。虫歯はほとんど無し。
虫歯を生業にしている歯医者さんは、予防、歯科矯正へシフトしてきています。
80-20運動。80歳になっても20本の自歯を持つよう社会運動があります。

私、歯が歯槽の中に埋もれているため、歯の数が普通の人より少ないです。
そして、虫歯で溶けてなくなっていたり、もげてしまっています。
自分の歯がいくつ残っているのかと数えてみました。上が9本、下が11本、全部で20本。

そして、インプラントする1本を入れて、全部で21本となります。
80歳で20本の歯を保ちましょうということになりますので、もう余裕がないです。
ですので、現在、食事を摂るたびに歯磨きをしております。歯を大切にしております。

思い出します。90歳ぐらいの二階に住む寝たきり状態のおジイちゃんに往診でうかがっていましたが、とにかく食が良かったです。たった1本しかなかった上の前歯で、メザシを美味しそうに食べていたことを思い出しました。

食べることは生きること。
美味しく食べるためには、最後のお皿であるお口、歯が大切ですね。

3月のブログがたったの4つ。少なかったです。
金沢にお嫁に行った娘が千倉へ帰省し父親とともに外来に来られ、診察の最後に私のブログを読んで感動したと伝えてきました。。。あ・り・が・た・い!

画・ン・場・梨・真・巣!


2019年04月01日(月)

偏差値100

本日、新元号名が午前11時30分に発表になります。何になるのでしょうか。
「平成」を発表したのは小渕官房長官、その時の総理大臣は竹下総理大臣。 女子大生が竹下総理大臣の前を走り過ぎて、小渕さんの方へ向って行ったそうです。

「使ったら戻す!」「開けたら閉める!」「食べたら片付ける!」「脱いだらたたむ!」
そんな当たり前のことをご主人様から厳しく指導を受けております。
そして、次第に娘と同様にこっぴどく叱られるようになっております。

「ゴミをまたぐような人間になるな!」と世間で言っている私、ご主人様が言うにはゴミをまたぎまくっているそうです。 ゴミの存在に気付いていないのです。
パンツもメガネ状態で脱いでいると言っています。違います。オメガ状態です。一ひねりが入るのです。

そんな私、テストで偏差値100を超えたことがあります。

偏差値100、滅多に出ることがありません。
問題が難しくて、満点近い点数を取らなければならないからです。
100点満点で平均点が約20点の難問テストで、ほぼ満点の点数を取ったのです。

偏差値100以上、正規分布で標準偏差5倍を超える上位に位置することです。
上位0.00002%であること、日本の一学年100万人とするとトップを取ることになります。

大学受験、私の得意科目は数学と化学。
満点を取れば全国一番になるので、数学と化学は全国一番を何度でも取りました。
全国模擬テスト、英語・数学・理科の総合成績でも、全国一番になったことが2度ほどあります。

逆に苦手な科目が国語。まったくできませんでした。
本当は、日本一難関な東大理科Ⅲ類を受験したかったのですが、国語があるため断念しました。 大学を卒業しての再受験でしたので、早く医師になるためにも東京医科歯科大学を受験しました。

でも、その年、滑り止めと思った東京医科歯科大学に落ちました。
翌年、塾の先生をしながら東京医科歯科大学に合格しました。

「使ったら戻す」ことのできない私は、実は、天才なのです。
なんでもそうなのですが、トップを取ることはスゴイことなのです。

本日は「妄想の日」、私の妄想を書いてしまいました。
4月1日、毎年同じ内容を5回書こうと思い、今年で4回目。

本日、4月1日、新年度が始まります。
本日は、一年に一回だけ素直になれる日です。
「真美子、君はきれいだよ!」


各月のブログ

⇒  最新のブログはこちら

【2019年(平成31年/令和元年)】
12月 11月 10月 09月 08月 07月 06月 05月 04月 03月 02月 01月
【2018年(平成30年)】
12月 11月 10月 09月 08月 07月 06月 05月 04月 03月 02月 01月
【2017年(平成29年)】
12月 11月 10月 09月 08月 07月 06月 05月 04月 03月 02月 01月
【2016年(平成28年)】
12月 11月 10月 09月 08月 07月 06月 05月 04月 03月 02月 01月
【2015年(平成27年)】
12月 11月 10月 09月 08月 07月 06月 05月 04月 03月 02月 01月
【2014年(平成26年)】
12月まで
ページのトップへ戻る